インサイドマップ

歯科矯正医・・・My First Blog!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
永遠のテーマ パート2


内面の美しさと外見の美しさはどちらが大切ですか? 永遠のテーマです。
外見の美しさと内面の美しさは、両立するのでしょうか?またどちらが大切なのでしょうか?
このテーマにそった映画は数えられないくらいありますが、やさしい?デイズ二ーは、
映画「美女と野獣」の中で、最後に野獣は美しい王子さまにもどしています。
内面が美しいなら、外見もそうあるべきなのでしょう!


この永遠のテーマは、歯並びにも当てはまるかもしれません。

物の形は見た目だけのものと考える人がいます。
しかし形態を突き詰めて考えると、形態とは機能の一面でもあるのです。

機能的で良い歯並びは、見た目にも爽やかで美しいと思いませんか?
歯科 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまらない顔
最近、ポカーと口を開けっぱなしにしている子供がとても目につきます。
いわゆる口呼吸です。つい「このままでは、しまりのない顔の大人に
なっちゃうよ。」と声をかけたくなります。

本来、人は鼻で呼吸することにより空気が、暖められたり、
水分を含んだり、浄化されています。鼻は天然のフィルターになって
いるのです。しかし口呼吸をしている子供は、フィルターがないために、
喉が感染しやすく発熱しやすい。また免疫力(身体の抵抗力)が低下する
と考えられています。さらに、口呼吸では呼吸が浅くなり、その結果、
酸素が十分に補給されなくなります。身体で酸素を一番消費するのは脳
であるため、口呼吸している子供は、注意力が散漫になりがちで教室での
集中力に欠けるかもしれません。

このように口呼吸は、健康にさまざまな悪影響をあたえますが、
それ以外でも顔だち、とくに歯並びに影響を与え、出っ歯にします。
子供がしまりのない顔にならないためにも、子供が小さいうちから鼻、
口に注意してあげることが必要です。
歯科 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
矯正相談
女子高生が歯並びの相談にみえた。
いわゆる矯正相談である。
ネットで調べて電話をかけてきたらしい。
彼女の歯並びは、八重歯だった。
ひととおり、現在の歯並びの状態、
治療にあたっての基本方針などを説明した後に、
一人で相談にくる高校生はめずらしかったため訊ねてみた。
普通、女子高生の場合、母親か父親と相談にくるのが普通
であり、矯正治療は保険外のため、費用についても相談が必要
になるためだ。

彼女は話しはじめた。
中学生のときに母親に歯並びを治したいと相談したが、お金がないから
治療できないと断られたらしい。そこで彼女は、高校3年間バイトをして
治療費を用意したらしい。
そして、いくつもの歯科医院をまわって矯正治療の相談をしていると説明した。
青春の3年間をかけた治療だから相談もとても真剣だった。
あらためて矯正治療の価値を再認識させてもらったし、歯科医師としても
背筋がすこし伸びた気がした。
めぐまれて不自由なく矯正治療を受けられる子供ははたして、親にありがとうと、感謝の気持ちを伝えられるだろうか?
歯科 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(61) |



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
Search this site.